ルマン24時間レース観戦記 前篇
サーキットマシン | キャラクター紹介モード紹介 | 登録車種一覧 | 登場コース一覧
ナムコ・レースゲーム20年史 | 「R」関連情報開発者発売記念コメント NEW!
ルマン24時間レース観戦記(前篇) 観戦記(後篇)
ルマン24時間レース観戦記(前篇)『 R:RACING EVOLUTION 』プロデューサーインタビュー
 今年の6月14日、15日にフランスで開催された「ルマン24時間耐久レース」。
この「ルマン」に出場した「ADVAN KONDO RACING」を、ナムコの最新レースゲーム『R:RACING EVOLUTION』プロジェクトが全力でバックアップいたしました。

 そこで今回、「ルマン」の現地取材をおこなったプロジェクトチームの中村プロデューサー(以下、中村PD)にインタビューを敢行し、「ルマン」の興奮をそのままに伝えてもらいました。


レース前の状況
まず、ルマン24時間耐久レースはどんなレースなんですか。教えて下さい。
中村PD:
 フランスのルマン市で、年に一度行われる24時間の耐久レースです。さまざまなカテゴリのクルマがごちゃ混ぜで走るんです。だから、1位でゴールすることを目標としているチームもあれば、とにかく完走! っていうチームもある。ただ、「ルマン」は耐久レースなので、1位を狙っているチームでも、まずは完走することが大前提。ルマンを走るなら完走しないと認めてもらえない、といった雰囲気でした。

 今年のレースは6月14日午後4時から、6月15日の午後4時までの24時間。この時期のルマン市は一年で最も昼が長いのですが、当日は朝6時から夜10時くらいまで明るかったですよ。

公道も走る「ルマン」。奥に民家も見えます
公道も走る「ルマン」。奥に民家も見えます
 コースは文字通りルマン市内にあって、一周13.8キロメートルという長丁場です。既存のサーキットエリアだけでなく公道も使ったコース設計になっていて、「ルマン」の時だけサーキットとして使うんです。

 ですから、この付近の公道の曲がり角には、日常からあのレース用の赤白の路側帯があります。また、コースの範囲が農場のなかに及ぶため、コースの内側に民家があったり。とにかくスケールのでっかいレースです。

コースについて特徴的なところはありましたか?
中村PD:
 通常のサーキット内は当然サーキットクオリティの綺麗な路面なんですが、公道の部分はいつも一般車が日常の道として使っているために、路面は若干粗い。その路面状況の違いが独特でしたね。

 既存のサーキット内にはレースファンならおなじみのゲートがあり、そのポイントはお客さんも多かったです。

 また、「ルマン」では24時間を計る時計があり、「23:59」からカウントダウンしていきます。この時計は「ルマン」が「24時間レース」ということを改めて再認識させてくれました。
この辺も人だかり 24時間を刻む時計です
この辺も人だかり 24時間を刻む時計です

レース前の「ルマン」ってやっぱり特殊な雰囲気なんでしょうね?
中村PD:
 特殊といえば特殊ですね。通常、本戦前日というのは予選があってピリピリしていますが、「ルマン」は違いましたね。私はレース前日の6月13日にルマンに入り、ピットで取材を始めたのですが、一息ついてピットロードに出てびっくり。なんかとってもリラックスした雰囲気で観客が車両を眺めているんです。日本でもレース期間中にピットウォークというふれあいの時間があるんですが、規模が違う。なんかとってもモータースポーツが身近なんだな〜って感じを受けました。レースを見に来たというより、お祭りに来たという感覚で、お酒を飲んでいる人もたくさんいましたね。レース前だからって、お客さんがコースに入らないように警備員が見張ってはいるんですが、なんか緊張感が無く、すごく開放的な感じがしましたね。
写真右側にあるのがピットです。なんかのんびり 左2人の頭に注目。チューブで吸い上げて飲むそうです。ユニークですね 6/13日撮影。とても、レース前日とは思えません
写真右側にあるのがピットです。なんかのんびり 左2人の頭に注目。チューブで吸い上げて飲むそうです。ユニークですね 6/13日撮影。とても、レース前日とは思えません

レース中の状況
24時間レースだと、見る側のお客さんも大変だと思うのですが、お客さんは「ルマン」をどのように見ていましたか?
中村PD:
看板によじ登る人たち。注意はされていないけど、危険です
看板によじ登る人たち。注意はされていないけど、危険です
 24時間のレースですからね、お客さんもさすがにずっと付きっきりで見てる人はいないです。ただ、レース前もそうでしたけど、どことなく緊張感がないんですよ。看板のによじ登って見ている人もいましたね。お客さんも、24時間のあいだで好きな時間に来て、好きな時間に帰る、っていうノリです。
「ルマン」というレースを見るのが目的ではなく、「ルマン」でのお祭りを楽しんでる気分なのでしょう。


ここから日本語の実況が‥‥
ここから日本語の実況が‥‥
 それから、サーキットではスピーカーによる実況もあるんですが、地元フランス語はもちろん、英語やスペイン語に混じってなんと日本語の実況も時折流れるんです。レース時間が長く、ピットインでの順位の変動がよく起きるので、実況がないとどこが先頭なのかなど状況がわかりづらいですから、日本語実況がありがたかったです。見方を変えると日本人が「ルマン」に興味があってよく訪れているっていう証拠みたいなものですから、嬉しかったですね。

今回は ADVAN KONDO RACING の応援もされてたんですよね。
中村PD:
ピットだぁ
ピットだぁ
 少しの時間でしたが、ピットに入れていただきました。日本のテレビ局が取材しているときは、周りにいたお客さんがピットの前に集まってきて注目を集めていました。

 我々開発チームが応援をして書いた寄せ書きをピット内に貼ってもらいました。スタッフ入魂の応援旗なので、そりゃもう目立っていましたよ。

 車も見せてもらいました。面白かったのはコックピットの中に貼ってあったコースの図ですね。「ルマン」はコースが長いから貼ってあったのかもしれ知れないです。今度使い道を聞いてみますね。(笑)
右上がコックピット。コースの図が内側に貼ってありました ナムコスタッフが写真をパチパチ‥‥何に使うかはお楽しみに ナムコ開発スタッフの寄せ書きです。早速貼っていただきました
右上がコックピット。コースの図が内側に貼ってありました ナムコスタッフが写真をパチパチ‥‥何に使うかはお楽しみに ナムコ開発スタッフの寄せ書きです。早速貼っていただきました
12

ゴール直前です。最後のドライバーは近藤真彦さんでした
ゴール直前です。最後のドライバーは近藤真彦さんでした
 夜はホテルに帰ったので(ゴメンナサイ)、次の朝ドキドキしながらレース場まで行ったんです。なぜかと言えば、ADVAN KONDO RACING の車がリタイアしないでまだ走っているかが心配だったんです。だから、レース場に着いて、無事に車が走っているのを確認した時はうれしかったですね。日本人ドライバーの3人も「なんとしても自分で終わらせてなるものかと必死でした」と振り返っていましたよ。ご存知の通り ADVAN KONDO RACING は見事に完走しました。