FIGHTERS(機体)

STORY(物語)
SUPER WEAPON(ベルカ公国の超兵器)
SUPER WEAPON(ベルカ公国の超兵器)
防術型化学レーザー兵器「エクスキャリバー」

1981年に始まるベルカ公国のBMD(Ballistic Missile Defense:弾道ミサイル防衛)構想下に建設された、本土防衛型化学レーザー兵器
「エクスキャリバー」。
敵国より飛来する戦略弾道ミサイル迎撃の他、公国本土に広がる丘陵地形を利用した外敵の侵攻を打破する為、その体様は、「強いベルカ」を標榜するかの如く驚異的な高層化がもたらされている。
また、軌道上の衛星及び高高度を飛行する航空機に搭載された反射鏡を利用することにより、理論上半径1200Kmもの範囲をアウトレンジ射程可能圏としている。
この時代においてベルカの強大な軍事技術は「最初にそれを手にする国が世界を制することが出来る」といわれるほどの兵器を生み出すまでの優越性を誇ることとなった。

【設定資料】

   
重巡航管制機「フレスベルク」

南ベルカ国営兵器産業廠にて極秘裏のうちに開発された、全幅503mの重巡航管制機。
但し、実際は第一次試験段階を完了したのみで、量産化、実戦への投入は1995年現在において未実施にある。
計画上は長距離進攻を目的とした空中空母であり、戦闘時には空中管制機としても機能する。
また、状況に応じ、大量の物資輸送能力及び爆撃能力をも有するが、運用には莫大なコストが必要となる。
1350.2kNの高出力エンジン6基にて、その巨躯を飛行させる。