◆ひとりでドリラー(1Pプレイ用モード)
◆ひとりでドリラー(1Pプレイ用モード)
タイムアタックドリラー

100m、200mなどのショートコースで、また何度潜ってもマップ構造が同じです。最速のタイムを競う遊び方です。10種類のコースにチャレンジすることができます。

通常の遊び方と異なり、空気を補給するための「エアカプセル」が出現しないかわりに「エア」の概念もなく、そのかわりに秒数が表示されている「タイムアイテム」がマップ上に配置されています。タイムアイテムを取ると経過時間を表示秒数分マイナスしてくれるので、タイム短縮に役立ちます。

タイムアタックドリラーのステージセレクト画面です。タイムアタックドリラーにはステージA〜Iの9つのマップがあり、うち5つを選択形式でプレイします。

最初はステージA、次いで画面の矢印方向のコースが任意に選択できるので、例えばA→B→D→G→IやA→C→E→H→Iのようにプレイできます。
5つのステージをプレイした結果、成績がよい場合にはさらにその後、EX(エクストラ)ステージに挑戦することができます。
なお、タイムアタックドリラーの各ステージはミッションドリラーのようにランダム生成マップではなく、すべてマップの形状が固定です。

タイムアタックドリラーにはエアの概念がなく、エアの代わりにタイムアイテムが配置されています。タイムアイテムには「1」「2」など数字が記されており、数字の分だけ経過時間から秒換算でマイナスしてくれます。
画面ではここまでに 0'12"01 経過していますが、下の「2」のタイムアイテムを直後に取ると経過時間の表示が 0'10"01 となり、実際にかかった時間よりもタイムを短縮することができます。

画面1 画面2
画面1中にはこんなマップも。行き止まりのようですが打開策は何かしらあります。

画面2さらにこんなマップも。ブロックが横13列と範囲が広大。アイテムを取りに行くにもブロックをかきわけて大騒動です。

◆ひとりでドリラー(1Pプレイ用モード)
ミッションドリラー タイムアタックドリラー シナリオドリラー