1. バンダイナムコエンターテインメント公式サイト
  2. 採用情報
  3. 新卒採用トップ
  4. 社員インタビュー
  5. 沈 千芃

沈 千芃 NE事業部 NEプロモーション部 欧米プロモーション課

入社の経緯~バンダイナムコエンターテインメントとの出会いは?

私の母国である台湾ではマンガ・アニメ・ゲームなど、日本発のエンターテインメントがとても人気です。その環境で育った私ももちろん、子供の頃から少女マンガやドラマに夢中、キラキラしている日本生活に憧れていました。単純な理由ですが、憧れで日本での留学を決定しました。

日本に来たきっかけを振り返ると、生活上での「感動」や「楽しみ」への追求は言語や文化を問わず、万国共通であること実感しました。自分の語学力と海外での生活経験を活かし、各国の人の心を惹きつけるエンターテインメントを世の中に発信したく、志望業界をエンターテインメント業界の一本に絞りました。

鉄拳・太鼓の達人など海外でも人気なIPを多数取り扱い、海外市場に注力し、また多分野に挑戦しているということが最初エントリーした理由でした。実際に選考に参加してみると、外国人の私でも自分の言葉で想いを自由に話すことができ、面接官も真剣にコメントをしてくれて、面接だと思えないほど心地の良い雰囲気でした。この環境でこの人たちと一緒であれば、やりたいことを自分らしく実践できることは間違いないと、志望度が一気に高まったことは今でも覚えてます。

沈 千芃

現在の仕事内容は?

沈 千芃

私は現在NEプロモーション部にて欧米向けのスマートフォン・モバイルコンテンツのプロモーション業務を行っています。どうやってゲームの魅力を最大限に引き出して、多くの人にゲームを知ってもらって、更にダウンロードや課金まで導く施策を考えることがプロモーション主な業務となります。

プロモーション業務は多岐に分かれており、日常生活中に良く目にするTVCM・交通広告・オフラインイベントのプランニングや運営からオンラインでの媒体選定、ターゲイティングや予算と施策投入タイミングの管理までは全て業務範囲です。また私が現在所属している海外プロモーションは今年度新設の課であり、海外では特有なプロモーショントレンドを意識しつつ、現地に一番合っているプロモーション手段の精査、提案と検証が日々の業務となります。(色んな分野から攻めるのがまさに知ってもらうための手段です!)

海外でのプロモーションも正直日々トライアンドエラーですが、毎回の挑戦で色んな人(社内関連部署・代理店・制作会社・現地パートナー…)と接し、更にお客さまと直接向き合えることができ、やったことも必ず結果が見えるから、やりがいと成長を非常に感じる仕事です。

沈 千芃

縄跳びは2回しか飛べないスポーツ音痴ですが、スポーツ観戦は大好きです!

野球、サッカー、プロレスなど、月に一度は必ず球場や興行を観に行きます。試合を観る事自体はもちろんですが、現場の雰囲気と環境を楽しむのが一番好きです。応援歌、入場曲、スタジアムのご飯やグッズ等々、一個一個の要素は全て観客が観戦の体験をもっと楽しめるようにするための工夫です。そのような要素をとことんと楽しみながら、周りのお客さんの生の反応を見て、「自分たちがやっているエンターテインメントの仕事はやはり必要とされている」という充実した気持ちでリフレッシュします。

いつか好きなことを仕事にできるといいな、と思い、趣味と関わる提案をいくつか行いました(笑)。実際会社は新しい挑戦と楽しいことにはとてもオープンなので、仕事のアイディアになる良いネタを探しづつ、仕事と趣味を両方全力で楽しんでいます!

沈 千芃

皆さんにメッセージ

入社してから、日々新しい挑戦と勉強ができ、退屈だと思った日は一日もないです!三年目になった今でもそう思っています!

バンダイナムコエンターテインメントは幅広く事業と市場を展開し、いろいろなチャレンジができる企業で、更に社員一人ひとりの個性と意欲を尊重し、自分らしく伸び伸びと働ける環境です。会社全体として、グローバルな視点と価値観を積極的に受け入れる環境のため、若手且つ外国籍である私の考えや、発言を取り入れてもらえています。

自分の語学力と海外経験を活かしながら、変化の多い海外市場で色んな人と出会い、チャレンジを受け、更にコンテンツを世界中の人に届ける環境を創るのはまさに自分が就活をしていた当時に描いた理想像の通りです。同じ理想像を持っているのであれば、是非バンダイナムコエンターテインメントに挑戦してみてください!