1. バンダイナムコエンターテインメント公式サイト
  2. 採用情報
  3. 新卒採用
  4. CHANGE for the NEXT

CHANGE for the NEXT挑戦 成長 進化

コミュニケーションが生み出す、自分自身の成長

  • 2014年入社
  • NE事業部 NEプロモーション部 国内プロモーション1課
  • 安元 絢海

これまでのキャリアと現在の仕事内容

入社時から配属希望はプロモーション部でした。学生時代はグラフィックデザインの勉強をしていたのですが、授業でセールスプロモーションの授業を受講した時に売るための手法や戦術というものに興味を持ったので、プロモーションという売り方を考える仕事を希望しました。デザインも好きで楽しいのですが、それよりも人と話すのが大好きなので、お客様により近いところで仕事がしたいと思い選びました。

1年目は家庭用ゲーム、2年目はアプリゲームの宣伝プロモーションをしました。いずれも国内です。3〜4年目は韓国中心のアジアで配信しているアプリゲームのプロモーションを担当しました。

会社としては、韓国向けアプリの配信はすでに行っていたのですが、本格的なプロモーションははじめてのことで、わからないことだらけでゼロからのスタートでした。社内の人やグループ会社の人たちとやりとりをして、韓国ではどういう宣伝方法が主流なのか、当時の流行やどういうゲームが好きなのかなどを勉強するところからはじめました。

その後1年経った頃には市場の特徴などがわかってきたので、コンテンツを韓国向けにするべく、韓国の需要や流行などを関係各所に伝えて許可をもらい、開発のプロデューサーと一緒にコンテンツのアレンジまでを担当させてもらいました。

その時は宣伝プロモーションというよりも市場の動向やブームなども見据えて全体を包括して行っていたので、はじめてマーケティングしている!と実感できましたね。

現在は国内でのアプリのプロモーションを行っています。

「東京ゲームショウ」や「ジャンプフェスタ」などのイベントを使ってプロモーションするのも業務のひとつで、お客様と直接お話ができる貴重な機会です。厳しい意見をいただいた時もしっかり受け止めますが、「面白い」「楽しい」というコメントをいただけた時はいちばん嬉しいですね。プロモーション部ならではの経験です。

また、仕事をしていく中でいちばん大切にしているのは「人」です。お客様はもちろんですけど、社内の人、部内の人も大事にしています。「こんなことをやりたいと思うんですけど」と、奇抜な発想もきちんと聞き入れてくれる上司とか、相談に乗ってくれる先輩、呑みに行ってくれる人など、いろいろな人とコミュニケーションをとるようにしています。

プロモーションを行うには最新の情報もキャッチしておかないといけないので、アンテナはたくさん張っているのですが、他の人とのコミュニケーションから得られる情報というのも重要だと思います。

渡邊 春樹

バンダイナムコエンターテインメントで培われた「能力・スキル」や、
仕事をする上で大切にしていること

コミュニケーション能力は入社時から少しずつアップしてきているとは思いますが、1年目の時何もわからないからこそ、いろいろな人とコミュニケーションをとるところからはじめた部分が大きいですね。

この会社はいろいろなことに挑戦させてもらえるのが大きな特徴でもあります。大規模なプロモーションを行うために上司を説得したり、社内公募の企画で取締役の方にプレゼンを行う機会もありました。そういうプレゼンのスキルも5年間で培われたものです。若い社員にもそういう機会が与えられる環境があるからこそ磨かれたスキルだと思っています。

そう考えると、コミュニケーション能力にも繋がるのですが、さまざまなタイプの人に適切にモノを伝えるスキルがいちばん成長した部分かもしれないです。

プロモーションというのは広く伝える仕事なので、相手の立場を考えてどうしたら伝わりやすいかというのは日々考えていますね。

渡邊 春樹

これから思い描くキャリアとは

私は入社以来5年間プロモーション部に所属しているので同期と比較すると、同じ職種への在籍期間はかなり長い方です。バンダイナムコ エンターテインメントでは入社後10年間で3回程度異動するジョブローテーションというものがあり、さまざまな職種を経験できるので、私も他の仕事に挑戦する時期かもしれません。自分ではプロダクションで開発運営の知識を学んでみたい、イベントを主催・運営してみたいのでLE事業部の知見も得たいとは考えていますが、いつかはまたプロモーション部に戻ってきたいと思っています。お客様との関わりが楽しくて、プロモーションが好きなんですが、どこの部署に行っても「お客様第一」というのは変わらないので、色々な視点でのお客様との関わり方を知りたいと思っております。

2年目の時に先輩に、「ダメだとか、できないというのは、やりきってから言ってほしい。やりきってもいないのにそういうことを言うのは、途中で投げ出しているのと同じだから、まずはやってみてほしい」と言われたことがずっと心に残っていて、それは後輩社員や、この記事を読んでくださっている就職活動生にも伝えたいですね。

何事に対しても「無理」と諦めないで、まずはやってみてほしいです。バンダイナムコエンターテインメントは挑戦できる場所があり、それをやらしてくれる上司の方がいらっしゃいます。就職活動もまずは挑戦してみてください。無理だったらどこがダメだったのか振り返って次に活かせます。私もこれからも「まずやってみる」精神で難しい事も諦めない気持ちを持って、多くの挑戦、経験を積んでいきたいと思っています。

渡邊 春樹

CHANGE for the NEXT挑戦 成長 進化

ホームへ戻る