INTERVIEW

ゲームに留まらない
新規事業の検討も
第1IP事業ディビジョン
第2プロダクション1課
吉澤 知哉
2017年入社

※こちらの記事に含まれる内容は、2020年11月時点の内容です。

なぜこの会社をえらんだのですか?

幼少期はスーパーワギャンランド、風のクロノア、ドラゴンボール作品など、複数のバンダイナムコエンターテインメントタイトルに触れていました。
ただ、バンダイナムコエンターテインメントに対して強い思い入れがあったわけではなく、就活時にたまたま知人が面接を受けるという話を受け、自分も応募しました。

面接を受ける中でバンダイナムコエンターテインメントの「アソビきれない毎日を。」という企業理念や、社員の方がイキイキと働く姿を見て、自分もこの会社で働きたい、という思いが強くなり、入社を決めました。

現在のお仕事内容は?

「ONEPIECEトレジャークルーズ」というスマートフォンアプリタイトルのプロデューサーとして働いています。
リリースするキャラクターや運営施策を決めたり、売上周りの管理、関係各所との調整などを行っています。
6年目を迎えた大型タイトルということもあり、既存のお客様にも、新しく始めたお客様にも楽しんでいただけるように、SNSなどのご意見を参考にしながら日々運用を続けています。

並行して、新規アプリタイトルの企画なども行っています。
お客様に「面白い」と思ってもらえるゲームを作るために、日頃から話題になっているコンテンツはジャンル問わずチェックし、少しでもアウトプットに生かせるよう努力しています。

また、バンダイナムコ「エンターテインメント」ということもあり、ゲームに留まらない新規事業の検討も進めております。
最近では顧客の余暇時間を奪い合うという意味で、動画コンテンツ、電子書籍等、ゲーム業界以外での競合が増加しているため、自分の視野を広げることのできる新規事業検討は、非常に有意義な時間だと考えています。

今、気になることは?

コロナ禍におけるリアルエンターテインメント(ゲームセンター、映画、演劇等)の動向が気になってます。

現状ではネガティブな影響が多い印象ですが、この機会に新たな事業形態への変遷が起こると感じており、バンダイナムコエンターテインメントの事業拡大のチャンスだととらえているためです。
プライベートでは最近子供が生まれたので、子供向けのサービス全般が気になっています。
サブスクリプションで絵本を提供するサービス、子供服のシェアリングエコノミーなど、今までの生活では触れることのなかったサービスに触れ、新たな視点を得られることを期待しています。
グループ企業との連携もバンダイナムコエンターテインメントの強みの一つであるため、おもちゃ、アパレル等との連携で何かできないか、と画策しています。

また、屋外アクティビティの一つとして、「滝行」に行きたいです。
ストレス社会に生きる日本人のリフレッシュのための選択肢として盛り上がっており、動画映えすることからYoutuberによる拡散、GoToトラベルとの相性の良さなどから今後大きく話題になるかもしれないと思っています。

皆様へのメッセージ

バンダイナムコエンターテインメントのバリューの中に「まずは自分が、楽しもう。」というものがあります。

言葉の通り、エンターテインメントを生業とする人間であれば、そこで働く人間も楽しみながら働くことが必要です。
逆を言えば、バンダイナムコエンターテインメントで働く人は「楽しみながら働く人」が多いと言えると思いますし、事実、社内でもそういった方が多いです。
もしこのインタビューを見られている方で、「楽しく働きたい」という方がいれば、間違いなく合致すると思いますので、一度エントリーいただき、会社の雰囲気を感じてみてください。

ページの先頭へ