1. バンダイナムコエンターテインメント公式サイト
  2. 採用情報
  3. 新卒採用
  4. 社員紹介
  5. 物江将輝

社員紹介

物江将輝

ビジネス戦略室
NEマーケティング部
NEWWプロモーション1課

2018年入社

※こちらの記事に含まれる内容は
2020年3月時点の内容です

入社の経緯
-バンダイナムコ
エンターテインメントとの出会い-

就職活動初期の頃はモノづくりに携わりたいという漠然なイメージと、小さいころから漫画やアニメ、ゲームが好きだからという理由でゲーム業界を視野に入れており、その中に「バンダイナムコエンターテインメント」が入っていました。

就職活動が本格的になってきた頃に、様々な企業で面接を受けていたのですが、「あ、今面接用の自分を作ってるな」と思うことが何度かありました。そんな中、バンダイナムコエンターテインメントの面接では自分のオタク部分を全面に出し、「素の自分でいられるのって楽だな」と感じ、最終的には「自分の好きなこと活かした方がより良いモノが作れる!」と思ったためバンダイナムコエンターテインメントに入社を決めました。

現在の仕事内容

スマホアプリを欧米に売り出していくマーケティング業務を担当しております。

アプリの売り出し方はイベント出展、広告出稿、SNS運営等、様々な手法がありますが、どのような手法でアプリを欧米に売り出していくかを決めるために、大きく分けて「プロダクション」と「現地メンバー」との向き合いを大切にしています。

売り出すモノを作っているプロダクションに対して、ゲームの何を訴求すべきか、今後のゲーム展開をどうしていくかなどを聞くことで、最適な売り方を考えていきます。またユーザーと一番近い位置にいるのがマーケティングチームなので、ユーザーの意見に耳を傾けプロダクションにゲームをこうしてほしいと提案することも我々の仕事です。

また海外のグループ会社との向き合いもあり、現地メンバーと同じチームで一緒にアプリの売り方を考えていくことも必要です。実際に私は現在バンダイナムコエンターテインメントアメリカのメンバーと週1でのTV会議や日々のメール、チャットでのやり取りをしています。やり取りをする中で文化や考え方の違いからお互いにすれ違うこともあり、苦労することも多々ありますが、海外にアプリを売り出すためには必要なことであり、これからも前向きに業務に取り組んでいきたいです。

今後どのように成長し、
どのような未来を手にしたいか?

先述した通り、現在はマーケティング業務というモノを売り出す側の仕事をしていますが、将来はモノを作る側のプロデューサーになりたいと考えています。実は就職活動でゲーム業界を見始めたときにはすでに、プロデューサーとしてスタッフロールやクレジットに掲載されたいと考えておりました。

その時はただ漠然と考えているだけでしたが、今は日本だけではなく世界に認められるゲームを作りたいと考えています。日本のアニメやゲームが世界中に徐々に浸透してきている中で、国内だけのことを考えるよりも、海外も含めて考えた方が成功した時には何倍もの成果が得られます。またアメリカでのアニメやゲームイベントにおいて、世界的に成功しているゲームの出展を見てきましたが、どのユーザーも熱量が高く、海外にもこれだけのポテンシャルがあるのだと実感できました。

現在はチームの先輩や上司に様々なサポートを頂いている身ではありますが、海外向けマーケティングのパイオニアとして一人前に成長し、「海外向けマーケティングなら物江に聞こう」、「物江に任せれば何とかなる」と言われるような人材を目指していきたいです。

皆さんへのメッセージ

就職活動中は周りの人と比較されたり、周りの人の就職活動実績が気になったりと不安になることがあるかと思います。ただし、最終的に企業を決めるのは自分ですので、周りのことはあまり気にせずに、自分は何がしたいか、何が好きかという軸を見つけることが重要だと私は考えていました。

また少しでも興味があったらとりあえず調べてみたり、足を運んでみるのもよいと思います。説明会や面接で思いがけない情報が手に入るかもしれません。

これまでの人生で経験してきたことや知識を活かして、就職活動を頑張ってください!最後まで読んでいただき、ありがとうございました。