1. バンダイナムコエンターテインメント公式サイト
  2. 採用情報
  3. 新卒採用
  4. 社員紹介
  5. 鴨志田悠紀子

社員紹介

鴨志田悠紀子

ビジネス戦略室
メディア部 ライセンス課

アシスタントマネージャー

2013年入社

※こちらの記事に含まれる内容は
2020年3月時点の内容です

入社の経緯
-バンダイナムコ
エンターテインメントとの出会い-

私は中途入社なのですが、私生活でゲームに関わることがほぼなく、バンダイナムコエンターテインメントとの最初の出会いは、転職活動中の転職エージェントの紹介でした(笑)。前職は会計系のソフトウエアを開発・販売する会社の法人営業でしたが、仕事をしている中で、「日常生活内で私が携わった仕事が目に見える形となったら、より自分のモチベーションにも繋がるのでは」と考えるようになりました。転職活動を通じて様々な企業を改めて見た際に、より消費者に近いBtoBの仕事をしたいという思いと、最終的には面接や人事の方とお話しする中で、仕事内容や職場の雰囲気、福利厚生等を細かくお伺いする事ができ、ご縁もあり入社を決めました。

現在の仕事内容

入社当初から版権営業という業務を担当しています。IPの権利を保有している版権元との交渉を行う際のバンダイナムコエンターテインメントの窓口の役割を担っています。
バンダイナムコエンターテインメンはIPコンテンツを商材とし、ゲーム事業を主軸に様々なエンターテインメントを展開してます。他社が保有しているIPの許諾を受ける窓口として、版権営業があります。取引先は様々で、出版系やアニメ制作会社、IP管理会社等、多岐に渡ります。作品としては、「NARUTO/BORUTO」「ソードアート・オンライン」「僕のヒーローアカデミア」など携わっております。それぞれの版権元の窓口となるため、企画打診や条件周りの交渉、アニメ化の状況などの情報収集、バンダイナムコエンターテインメントの事業部側が版権元との調整で困っていることの調整等、仕事は多岐に渡ります。自部門だけの話ではなく、会社の事業や状況、考え等を把握し、市況も加味した判断を都度行っていく必要があるため、毎回新鮮な気持ちで考え、調整することが多く、とてもやりがいのある仕事だと感じてます。言い方変えると、大変なことは多くありますが、、、ルーチン化されることなく、刺激的な毎日を過ごせてます!笑

今後どのように成長し、
どのような未来を手にしたいか?

IPビジネスを主体として事業展開を行っている中で、今の職種はコンテンツが「生まれる」ところから「最後まで」を見届けられるので、とてもやりがいのある仕事ですが、一方で大きな責任も伴う仕事でもあります。
市況としては、アプリ業界を筆頭に競合他社が多く、その中で戦い、勝っていく必要があります。その様な状況の中、どのような形で生き残っていくか、どのように差別化を図り、ユーザーの満足いくものを生み出せるのかを考え、それを社内だけでなく、社外も含め巻き込んでいけるかがとても重要になってくるのではないかと考えています。もちろん、ゲームの中身など事業部と連携しながら、版権元からも情報を吸い上げ、相談しつつという周りを巻き込む力と誰もが納得できる形を、自分から提案・実行できるのでとてもやりがいとなる仕事です。とはいえ、まだまだ、できていないこと、やれることは数え切れないほどありますが、自分の強みでもある協調性を生かし、昨日の自分を超えていけるように日々邁進していきます!

皆さんへのメッセージ

就職活動は、色々な仕事や企業、市場動向等を時間をかけて分析・調査できるいい機会だと思うので、様々な社会を見てもらえればと思います。私は当時ざっくりでしか「仕事をする」ということが想像ができなかったですが、就職活動を通じて、社会の見方や自分のやりたいこと、強みを生かせる仕事は何か等をじっくり考えることができたことは、今でも仕事をする中でとても活きています。
皆さんも視野を拡げてみることで新たな発見や、やりたい事などが見えてくると思います。是非、就職活動中に1つでも多くの新発見をして、自分の考えを今以上に深めてください!経験や気づきは自分だけの宝なので、怖がらず就職活動を楽しんでほしいと思います!