1. バンダイナムコエンターテインメント公式サイト
  2. 採用情報
  3. 新卒採用
  4. 社員紹介
  5. 伊藤翔平

社員紹介

produce

伊藤翔平

2009年入社

入社の経緯
-バンダイナムコ
エンターテインメントとの出会い-

就職活動中は、様々な業界の会社を志望していました。インフラや食品メーカーなどゲームと無関係の企業も多く受けていました。ただ、様々な企業の情報に触れる中で、一度きりの人生で「自分の好きなことを仕事にしたい」と考えるようになりました。これまでに人生に影響を与えてくれたキャラクターという存在に思い至り、それを仕事にできるバンダイナムコエンターテインメントにたどり着きました。絵が描けるわけでも、プログラムが作れるわけでもない、至って普通の学生でしたが「キャラクターは人生を変えるくらい尊いもの」と本気で信じていましたので、その気持ちの強さが会社との縁を作ってくれたのだと思います。

現在の仕事内容

現在はスマホアプリの企画・開発・運営をおこなうプロダクションというチームに所属しています。そこで「チームをサポートする“リーダー”」であるアシスタントマネージャーという役職を担いつつ、「自分の担当するプロジェクトの“プロデューサー“」としてアプリゲームのプロデュースをしています。リーダーとしてチームのメンバーが仕事をしやすいように支援する一方で、プロデューサーとしてプロジェクトを指揮するというのは”監督兼選手“のような存在で、どちらかに偏ることができないバランス感覚が重要な仕事です。そこで大事なことは”一緒に働く人と人の繋がり“だと感じています。
バンダイナムコエンターテインメントには大小さまざまなプロジェクトが存在しますが、どのプロジェクトも社員一人の力だけで進めることはできません。同じ会社の同僚や上司、社外のパートナーなど色々な人と一緒に取り組むことで初めてプロジェクトは前に進んでいきます。様々な課題がプロジェクトに立ちはだかる時に、独りだと解決できなくてもチームでなら解決できます。そんな、一緒に仕事をするメンバー同士の“繋がり”が本当に大事です。
時にはチームのリーダーとして、時にはプロジェクトのプロデューサーとして、そんな繋がりをたくさんの方々と創るのが、現在の私の仕事です。

今後どのように成長し、
どのような未来を手にしたいか?

入社してからの10年間で、主にゲーム事業に携わってきました。次の10年はゲームだけに留まらない新しいエンターテインメントを創ることを自分の目標にしています。そのためにも、日ごろから想像力を働かせること・挑戦心を忘れないこと・どんな物事も楽しむこと・最後には一緒に仕事をした人に感謝を忘れないこと、これらのことを大事にできる人に成長したいと考えています。言葉にするとなかなかの理想論に聞こえますが、常日頃から意識しないと忘れてしまうので、大袈裟でもそう思うようにしています。
そして、そうやって成長を続けながら取り組んだ仕事が、世界のどこかにいるお客様の人生に少しでも変化を与えられたら最高だな、と思います。エンターテインメントの仕事の醍醐味はそこにあります。初めてプロデュースを担当した家庭用ゲームソフトの発売日、店頭でお客さんがソフトを買っていくの見た時に心の底から感動したのを覚えています。この先の将来も、自分の仕事が誰かを幸せな気持ちにしたり、人生に影響を与えるような仕事を続けたいです。

皆さんへのメッセージ

 おそらく人生の大部分は仕事です。それだけの時間を仕事に費やすのであれば、心の底から楽しめる仕事を選ぶのはいかがでしょうか。この会社での仕事は刺激的で、同じ仕事はほとんどありません、もちろん楽(らく)な仕事ばかりではないですが、楽(たの)しい仕事だと思います。荒波を一緒に乗り越えた仲間との縁が次の仕事に繋がっていき、人として成長していく実感もあります。皆さんの人生の選択肢に、バンダイナムコエンターテインメントという会社が入っていたら嬉しいです。ぜひ一緒に仕事を楽しみましょう!未来研究所でお待ちしています!