1. バンダイナムコエンターテインメント公式サイト
  2. 採用情報
  3. 新卒採用
  4. 社員紹介
  5. 古谷純

社員紹介

corporate planning

古谷純

2014年入社

入社の経緯
-バンダイナムコ
エンターテインメントとの出会い-

バンダイナムコエンターテインメントを目指すに至った理由はたくさんあるのですが、簡単に言ってしまうと人並みではありますが「ゲームが好きだから」ということになります。
物心ついたときにはゲームをやっていて、家族、友人のみに限らず、知らない人とでも言葉が通じない人とでも仲良くなれて、更にはゲームが無くともその話だけでもとても盛り上がれたりと、その素晴らしさを身をもって体験してきました。
そしてゲームのことをもっと知りたいと思い大学では情報学・人工知能を専攻し、その流れで自然とゲームに関わる仕事をしたいと思うようになり、縁あってバンダイナムコエンターテインメントに入社しました。

現在の仕事内容

非常にざっくり言うと、社として掲げた方針・戦略の実現に向けて、いろいろな人の力を借りながら考えたり施策を仕掛けたりする仕事をしています。(経営企画部という部署です)
例えば、「世界企業になろう」という方針が掲げられたときに、単に「世界で有名な企業になる」とか、「世界に向けてビジネスをやる」とかではなく、「バンダイナムコエンターテインメントにとっての世界企業」が何なのかをしっかりと定義して、そうなるために何を達成していかなければならないのか、そしてそれをどんな方法で達成していくか、というのを考える、といったイメージです。

こう書いてみるととてもお堅い仕事に聞こえるかもしれませんが、バンダイナムコエンターテインメントにおいては最後には必ず「お客様の喜び」に繋がる仕事であり、私自身過去にゲームのプロモーションや制作に携わったことがありましたが、その点で同じ本質を持っていると感じており、やりがいと誇りを持って取り組んでいます。

かなり中身の話をしてしまうと、経営企画の仕事は自分たちだけでは完結しなく、他の部署の人たちと取り組むことがほとんどなのですが、(自慢ではないのですが)面白い社員がとても多い会社なので、日々楽しく仕事しています。

今後どのように成長し、
どのような未来を手にしたいか?

私は入社してから、家庭用ゲーム・スマホアプリのプロモーションから、家庭用ゲームの制作を担当させていただき、その中でゲームがどう生まれ、どう伝え広がって、どう届くのか、その全体に触れさせてもらってきました。

そして今の経営企画部ではその経験を活かして、より弊社のビジネスの在り様に即した形で方針・戦略を実現できるように力を尽くしているところですが、その中ではゲームに直接かかわっていた時とはまた異なる目線や考え方、問題解決力などが求められています。

仕事の内容としてはかなり異なることを経験していると私自身感じておりますが、経験の幅を持つことは、自分の取れる選択肢 ― つまり武器が増えることだと思っています。

さらに、こうした環境により得られるものに加えて、それ以外でも自身に対して物足りなさを感じる部分や、今後活かしていけそうなことについては積極的に取り込んで武器にしたいと思っており、例えば社外のセミナーに出てみたり、資格の勉強みたいなことをしてみたり、普段手に取ることのなかった情報誌を手に取ってみたり、意識的に普段の外側のことに触れてみたりしています。

これらをフル活用して、自分だけの方法でお客様の笑顔につなげていけるような仕事をしたいと考えています。

皆さんへのメッセージ

これを読んでいる皆様はきっと「楽しいことを仕事にしたい」という気持ちがあるのではと思っています。そんな皆様にはぜひ、自分が楽しいと感じるのは何か、を徹底的に考えてみてほしいです。

私の仕事観になりますが、仕事は多くの時間を費やすことになるので、せっかくならその時間を楽しく過ごせた方が幸せだと私は思っています。
なので、何ができたら楽しいと思えるか、その自分の楽しさのポイント・本質をとにかく突き詰めて、それがどこだったら、どんな仕事だったら実現できるかを考え抜いて欲しいです。
そのために自分の原体験や夢などを振り返ったりして、後悔ない選択ができるようにしてもらえれば嬉しく思います。