TALES OF SYMPHONIA -ラタトスクの騎士-

最終記事
  • 最終記事1
  • 最終記事2
カテゴリ表示
  • 記事一覧
  • ゲームシステム
  • ストーリー&キャラクター
  • ビジュアルデザイン
  • その他
  • お知らせ
ねこにんギルド
  • リンク
  • かべがみ
製品情報

発売日:
2008年06月26日(木)
好評発売中!
メーカー希望小売価格:
7,140円(税込)
ジャンル:
響き合う心を信じるRPG
©藤島康介©2003-2008 NBGI

CERO B
テイルズチャンネル

仲間モンスターについて
6月11日(水):安部

はじめまして。

株式会社ナムコ・テイルズスタジオのプランナーの安部といいます。
「ラタトスクの騎士」では戦闘まわりの仕様作成、調整などを担当しました。

つい先日まで攻略本関係の仕事に追われていましたが、どうにかひと段落し
あとは6月26日の発売日を待つばかりとなりました。

「ラタトスクの騎士」の戦闘について話したいことは山ほどあるのですが、
今回は仲間モンスターについて話をします。

………………………………………………………………………………

特定の条件が揃っていると、料理を食べた後にモンスターが変化することがありますが
既に紹介されている『グリモア』の他にも、この変化を利用してスキルを集めることができます。
これは「プレイする人によって、様々なカタチを楽しむことができる」というコンセプトの基で作られています。

レベル1だけどスキルはたくさん

画像のように変化を繰り返しながら、スキルをいくつも覚えさせることができたりします。
モンスターが覚えるスキルには、長所を伸ばしたり、短所を直したりするものがあります。

仲間にすることの出来るモンスターは200種類以上います。
たくさんのモンスターを用意するのは大変でしたが、
何度もくり返し遊べる、やり応えのあるものに仕上げたつもりです。

石合戦

画像は僕がテストプレイをしたときのものです。
ボスはちょっと厳しかったのですが、これはこれでいいかなと。
ザコを相手にする分には十分強いですし。
なにより愛着が湧いてしまい手放すことができませんでした。

色々と考えた末、僕はこのようなカタチになりましたが、
皆さんにも自分だけの構成を組み立ててほしいです。

モンスターの話ばかりではなんですので、簡単にではありますが
「テイルズオブシンフォニア」のキャラクターの戦闘スタイルについて取り上げておきます。

………………………………………………………………………………

コレット
通常攻撃が当たりにくい、術技も隙が大きい、と慣れが必要な中級者向けのキャラクター。
敵との距離を考えての戦闘になります。

ジーニアス
遠距離攻撃に特化しており、初心者向けのキャラクターといえます。
その性質上、敵に懐に入られたときは対処が難しいといえます。

リフィル
ジーニアスと同じく、遠距離攻撃に特化しています。
状況に応じて治癒術を選ぶのは難しく、上級者向けのキャラクターといえます。

しいな
札による通常攻撃は素早いが、全体的にリーチが短く、威力も低いため
移動速度の速さを生かして敵の懐へ入り込み、手数で勝負する中級者向けのキャラクター。

ゼロス
近距離、遠距離のどちらも得意とする中級者向けのキャラクター。
一部の魔術、治癒術も使いこなせるため、状況に応じて近距離、遠距離のどちらかを瞬時に判断することが重要になります。

プレセア
しいなと正反対の攻撃スタイル、同じく中級者向けのキャラクターといえます。
小柄なため、他のキャラクターなら当たってしまうような攻撃でも当たらないときがあり、乱戦に強い。

リーガル
連繋に繋げないと全く効果を引き出せない技が揃っており、さらにタイミングが少々シビアな為、
戦闘の前にどのような連繋を組むか、あらかじめ考えておく必要のある中級者向けのキャラクター。

ロイド
『今は、何も言えない』
実際に皆さんの目で確かめてみてください。

 
TALES OF SYMPHONIA -ラタトスクの騎士-