平成9年12月25日
報道関係各位
8人同時プレイ、チームプレイ、ホームページ上で記録勝負など
コミュニケーションが広がる
ナムコ、PS用ゲームソフト「マイクロマシーンズ」を発売
マイクロマシーンズ 株式会社ナムコは、英国のコード・マスターズ社とライセンス契約し、欧米で大ヒットしているレーシングゲーム「マイクロマシーンズ」を、プレイステーション用ソフトとして1998年1月1日(木)に発売致します。価格は5,800円(税別)です。
「マイクロマシーンズ」は、小さなマシンを学校や家の中などをコースに見立てて走らせるレースゲームで、最大の特徴は、プレイヤー同士の幅広いコミュニケーションが可能なことです。8人までの同時プレイ(別売のマルチタップ使用)や、2人1組で競うチームプレイ、1つのコントローラーを2人で同時に使用し2台の車を操作するなど様々なモードがあります。また、コンピューター対戦で1着になったり、タイムトライアルで新記録が出るとコレクション用マシンがランダムに手に入ります。そうしたゲームデータが入ったメモリーカードを持ち寄り、対戦し、相手の持っているコレクション用マシンを実力で奪い取るという“賭け”モードもあります。

マイクロマシーンズ さらに、ナムコのインターネット・ホームページ「ナムコ・ワンダーページ」(http://www.namco.co.jp/)で全国のプレイヤーと記録で勝負ができます。これは、同ホームページ上に成績上位者10人をランキングするというもので、やり方は、タイムトライアルモードでプレイし、記録モードに出る10文字のアルファベットを記憶します。ホームページにアクセスし、アルファベットと必要事項をインプットすれば、10位以内だとランクインできます。

 使用できるマシンは、レーシングカーやモーターボート、戦車など32種類。いずれも可愛らしいミニカータイプです。コースは48種類で、カラフルなクロスのかかったテーブルや、トンボが飛んだりカエルが跳ねていたりする池、ビーカーやフラスコ、定規が置かれている実験室などユニークなサーキットが美しい3次元で描かれています。


戻る
(C)NBGI