報道関係者向け情報

バンダイネットワークス株式会社のプレスリリース

小・中学生の『塾』についてのアンケート調査
「塾」や「通信講座」で勉強している子どもは30%以上、「塾」に通っていて一番うれしいことは、“成績が上がること”
バンダイネットワークス株式会社
株式会社ネットマイル

 バンダイネットワークス株式会社(代表取締役社長:大下聡、本社:東京都港区、以下、バンダイネットワークス)と株式会社ネットマイル(代表取締役:山本雅、本社:東京都千代田区、以下、ネットマイル)は、共同で展開している小中学生を対象としたネットリサーチサービス『キッズリサーチ』において、「『塾』についてのアンケート調査」を実施いたしました。
 2008年6月2日に、バンダイネットワークスが運営する小中学生を中心に30万人以上の会員が参加する情報交換サイト「サークルリンク」内においてアンケートを実施、回答の集計を行い、有効回答者は1038名でした。また、本アンケート結果には2007年5月に実施しました「塾についてのアンケート」結果との比較についても掲載いたします。

■調査結果概要■
 今回の調査結果から、「塾」や「通信講座」で勉強している子どもは、どちらもおよそ30%いることがわかりました。「塾」で習う科目は算数・数学、国語、英語が多く、1週間の勉強時間は1時間〜3時間が多く、一方、通信講座では、5教科(算数・数学、国語、英語、理科、社会)を勉強している子どもが大半で、1週間の勉強時間は1時間が半数近いようです。

「塾」や「通信講座」で勉強している子どもは30%以上
 「『塾』や『通信講座』で勉強していますか?」と聞いたところ、全体の半数以上(60.7%)が「塾」または「通信講座」で勉強していると回答しました。性別では、男の子(53.0%)よりも女の子(61.4%)の方が高い傾向にあり、また、学年が上がるにつれ「塾」、「通信講座」で勉強している子どもも多くなる傾向にあるようです。小学校中学年以上になると、受験を意識して勉強を教わる子供が増えていると考えられます。(→グラフ1)

塾に通っていて一番うれしいことは、「成績が上がること」、次いで「学校以外で友達に会えること」
 「塾に通っていて一番うれしいことは何ですか?」と聞いたところ、「成績が上がること(64.2%)」が最も多く、次いで高いのは「学校以外で友達に会えること(39.9%)」で、成績には関係しないが、友達に会うことにうれしさを感じている子どもが半数近くいることがわかりました。
2007年の調査と比較すると、「成績が上がること」が57.8%から64.2%に増加している以外は、ほぼ同様の水準となりました。(→グラフ2)

半数以上が塾で「算数・数学」、「国語」、「英語」を学習
 「塾ではどんな教科を学習していますか?」と聞いたところ、「算数・数学(82.4%)」が最も高く、「国語(61.9%)」、「英語(51.6%)」と続きました。上位3項目は入塾者の半数が受講していますが、「理科」、「社会」の受講者は25%以下となっています。「算数・数学」は、女の子(81.7%)よりも男の子(91.3%)が高く、「算数・数学」、「英語」、「理科」、「社会」はおおむね学年が上がるにつれ、受講する子どもも増えるようです。「英会話」は、小学校中学年(27.5%)が最も高くなっています。
2007年の調査と比較すると、「その他」以外の全ての科目で前年を上回っており、勉強を塾で教わる子どもが増えていることがわかりました。(→グラフ3、4)

通信講座では多くが5教科(「算数・数学」、「国語」、「理科」、「社会」、「英語」)を勉強
 「通信講座では、どんな教科を学習していますか?」と聞いたところ、「算数・数学」、「国語」、「理科」、「社会」は、およそ90%の子どもが勉強し、「英語」は66.4%となっています。「英語」を除いた4教科(「算数・数学」、「国語」、「理科」、「社会」)では、男の子より女の子が多いようです。(→グラフ5)

塾で1週間勉強する時間は、「1時間〜3時間」
 「1週間のうち塾で勉強するのは何時間ですか?」と聞いたところ、塾での1週間の勉強時間は、「2時間(24.8%)」、「1時間(22.6%)」、「3時間(21.7%)」の順に多く、「1時間〜3時間」の合計は70.1%になりました。
「1時間〜3時間」を2007年の調査と比較すると、「1時間〜2時間」では2007年の方が高くなっており、「3時間」になると2008年の方が高いようです。(→グラフ6)

通信講座での1週間の勉強時間は、半数近くが「1時間」
 「1週間のうち通信講座で勉強するのは何時間ですか?」と聞いたところ、通信講座での1週間の勉強時間は、「1時間(49.2%)」が最も高く、次いで「2時間(20.6%)」、「3時間(10.5%)」の順となっていました。通信講座では、5科目受講している子どもが多いことから(グラフ5参照)、1科目当たりの1週間の平均勉強時間は12分程度と推測されます。(→グラフ7)

「塾」や「通信講座」以外で習いたいことは、「ピアノ」、「ダンス」などの音楽関連項目が上位に
 「塾や通信講座以外で習い事をするとしたら何が習いたいですか?」と複数回答で聞いたところ、上位5項目の中で、比較的体を動かすもの(「ダンス」や「スケート」など)は、小学校低学年に多く、小学校低学年で少なかった「ピアノ」、「歌」は中学生に多いことが分かりました。

アンケートの詳細は、http://research.netmile.co.jp/ をご確認ください。

塾についてのアンケートグラフ

■調査概要
設問項目:
1)性別は?
2)あなたが通っているのは?
3)あなたが住んでいる地域は?
4)あなたは塾に通ったり、通信講座で勉強をしていますか?
5)塾に通っていて何が一番うれしいですか?
6)塾では、どんな教科を学習していますか?
7)通信講座では、どんな教科を学習していますか?
8)1週間のうち塾で勉強するのは何時間ですか?
9)1週間のうち通信講座で勉強するのは何時間ですか?
10)塾や通信講座以外で習い事をするとしたら何が習いたいですか?

調査方法:情報交換サイト「サークルリンク」(http://link.channel.or.jp/)会員向け特別ページにおける
クローズド型インターネット調査
調査対象者:全国の小中学生を中心とした「サークルリンク」会員
調査期間:2008年6月2日 16:00〜20:00
有効回答数:1038人 「サークルリンク」会員

今回の調査および2007年の回答者の内訳(左が今回、右が前回の結果)
【性別】
「女の子」955人(92.0%)  794人(89.4%)
「男の子」 83人( 8.0%)   94人(10.6%)
【学年】
「小学1年生」  4人 (0.4%)    8人 (0.9%)
「小学2年生」  11人 (1.1%)   16人 (1.8%)
「小学3年生」  38人 (3.7%)   48人 (5.4%)
「小学4年生」  125人 (12.0%)  133人(15.0%)
「小学5年生」  264人 (25.4%)  264人(29.7%)
「小学6年生」  377人 (36.3%)  290人(32.7%)
「中学1年生」  132人 (12.7%)   89人(10.0%)
「中学2年生」  68人 (6.6%)   29人 (3.3%)
「中学3年生」  19人 (1.8%)   11人 (1.2%)

小学1〜2年を「小学校低学年」、小学3〜4年を「小学校中学年」、小学5〜6年を「小学校高学年」、中学1〜3年を「中学生」としてまとめ、「小学生低学年」、「小学生中学年」、「小学生高学年」、「中学生」の4つの区分の比較結果をレポートしました。

■「キッズリサーチ」について(URL: http://research.netmile.co.jp/service/kidsresearch.html
 バンダイネットワークスとネットマイルが行う「キッズリサーチ」は、バンダイネットワークスが運営する小中学生を中心に30万人以上の会員が参加する情報交換サイト「サークルリンク」と連携し、“小中学生”を対象としたネットリサーチサービスです(サービス開始は2006年11月29日)。
従来、小中学生向けに市場調査(マーケティング・リサーチ)を行う場合、ご両親が本人の代理で回答を行う郵送や電話調査が大半を占め、ご両親が代理で回答を行うために、実際に小中学生の“生の声”を聞くことが非常に難しく、アンケートの実施期間もかかり、サンプル数も限られていました。この「キッズリサーチ」では、小中学生を中心とした「サークルリンク」の30万人を超える会員の方々に協力していただくことにより、今まで聞けなかった小中学生の“生の声”を、インターネットを利用して取得することができます。今後も毎月、小中学生を対象に様々な切り口でアンケート調査を実施してまいります。

■「サークルリンク」について (URL:http://link.channel.or.jp/
 「サークルリンク」は、小中学生を中心に30万人以上の会員が参加する情報交換サイトです(サービス開始は、2005年11月23日)。「サークルリンク」では、曜日毎に、“キャラクター”、“ファッション・恋愛”、“エンタメ”などをテーマとした各種投稿を小中学生から受け付けており、編集部で選別・紹介を行っています。1日当たり4,000通を越える投稿が届く人気コーナーとなっています。また、人気キャラクターを利用したゲームや、アバターサービス、日記の公開等も楽しめる内容となっております。