Tales of Destiny
ファンタジーほのぼの対談
●まずは出会いから……
豊田(以下[豊])このプロジェクトではもう丸2年ですね。いのまた先生にはじめてお会いしたのいつでしたっけ? もうだめだ、忘れちゃった。
いのまた(以下[い])すごい前ですよね(笑)。たしか1年半くらい前かな。
[豊]ああ、そのくらいですかねぇ。最近、いのまた先生から頂いたFAXとかを処理しようとするとですね。まず年を96年か97年かをチェックしなければならなくなったんで。僕はとにかく全部とってありますから。あのころの印象といえば、とにかくですね、一軒家構えてて……。もう思っていた通りの方でしたね。けっこう昔から知っていましたし。私はアニメファンでしたからね(笑)。やっぱり『ウィンダリア』が最初ですか。みんなでどやどや押しかけたんですけど、自らお茶をいれて頂きまして、感激しましたけどね。
[い]いやいや、そんな。
[豊]とにかく、猫がすごいんですよね。
[い]猫はもうひどいもんですよ。でもなついているんですよね、豊田君には。
[豊]そう、いのまた先生との打ち合わせが終る頃にはですね、私のGパンは。
[い]毛だらけ(笑)。
[豊]灰だらけ。
[い]ゴミだらけ。
[豊]猫といえば、犯人もまだ明確じゃないんですけど、ソーディアンの絵を描いて頂いた時に、妙に汚れていることがあったんですよね。色付きの絵だったんですけど。
[い]あれね。まずいよね。
[豊]猫が踏んじゃったっていう(笑)。
[い]汚れてるんですよ。なんか、絵の具っていうかまだ乾いてないところを踏んで歩いたらしくて、点々とちょっと。猫の足跡が。多少あって。で、その紙が水に溶けちゃうんですよ。だから消せない。で、白い紙を張るかとか思ってたんですけど。それもみすぼらしいかもしんないと思って、そのまま渡して。素材ということで渡したんですけど。使うことがあったんで、やっぱり足跡があるのはよろしくないでしょうということで、書き直したんですよ。
[豊]でも、どのみち1本足りなかったんですよね。
[い]そうです。
[豊]1本書き足して、全部で何本かは内緒ですけどね(笑)。ごめんなさい、本当に。でも、ほんとに遠いんですよ、いのまた先生の家は。
[い]田舎ですいません(笑)。
[豊]私の実家が先生の家からクルマで15分の距離にあるんですよ。だから、先生宅に行くたびに実家に寄って、夕飯を食べて両親にサービスをして。逆に、実家の方から、「最近帰ってこないじゃない」という催促があると、「いのまた先生の原稿が遅れているんで、帰れないんだよ」って、先生のせいにしたりなんかして。
●依頼のきっかけは?
[豊]やっぱり、一番大きいのは、先生のイラストの美しさというか芸術といってもいいようなきれいなところで。作品のイメージにすごくあってるし、それを見たことでプレイヤーのイメージがばっと広がるんじゃないかということが一番大きな理由ですね。また何といってもですね、いのまた先生の書かれた作品というのが、キャラクターの人気が高まるんですよ。
Mutsumi Inomata

キャラクターデザイン

いのまたむつみ

『宇宙皇子(キャラクター原案)』、『風の大陸(キャラクター原案)』、『新世紀GPXサイバーフォーミュラ(キャラクターデザイン)』など、アニメのキャラクターデザインと作画監督で有名。ゲームキャラクターのデザインもいくつか手がけており、その繊細な画風と個性的なキャラクターは『テイルズ オブディスティニー』のイメージを大きく膨らませることに大きく貢献しているといえるだろう。ハマっているゲーム多数のゲームマニア(?)。最近のお気に入りは『鉄拳3』など。ジャンルは問わないそうだ。

Jun Toyoda

開発プロデュース

豊田 淳

1990年ナムコ入社。CS開発部主任。前作『テイルズ オブファンタジア』に引き続いての開発プロデュースを担当。以前からいのまた氏のファン、かつアニメファンだったと語る。今回の仕事は、まさに実利を兼ねたものだったといえるのだろうか?











[い]いや、そんな。作品あってですよ。
[豊]特に『テイルズ〜』シリーズは、『デスティニー』に限らず、キャラクター重視というところがありますんで。ストーリーや絵やゲームシステムも、もちろんなんだけど、キャラクター同士の人間関係や1人1人の魅力というのがすごく重要なんで。そのへんは意識しましたね。逆に、いのまた先生のキャラクターを、イメージ通りに画面に出すことのほうがつらいですよ。ゲーム中の絵っていうのはどうしても小さいんで。先生らしさというイメージを、この小さいドットに生かす方法はないものかと、書いてる人間も悩みましたけどね。どれだけ満足していただけるかどうかというところ。でも、戦闘中の絵は若干大きいんで、わりといい線いったと思うんですが。
[い]そうですね。今までやったゲームだと、わりとあのアニメの絵を取り込むっていうか、アニメっぽい絵で入れるということが多かったので。
[豊]じゃ、今回は?
[い]はい。かわいいのができて。
[豊]よかった……。ありがとうございます。いのまた先生自身もゲームをなさるんで、チェック厳しいかなと思ってたんで、うれしいですね。もう『ときメモ』やるは『パズルだま』はやるは、もう。みんな他社じゃないですか(笑)。
[い]『鉄拳3』とか『リッジレーサー』とか。
[豊]あっ、『リッジ』やってましたっけ(笑)。
[い]みんな下手なんですけど(笑)。
[豊]なんかお家に友達呼んでゲーム大会みたいなこともやってるんですよね?
[い]でも、最近は更正したんですよ人間を。だからもう、どんちき騒ぎはしてない。まじめに仕事をすることを心に。
[豊]そうなんですか、あらららら。これが終ったらいくらでも。まあ、先生は仕事の神様が降りてこないとなかなか…ねえ(泣)。
[い]そうですね。やる時はぶっ通しでやるんですけど、やらない時はやらない。まあ、今回、豊田さんはほどよい催促でしたから(笑)。
●読者へのメッセージなど……。
[豊]もう、買って頂ければ、私はそれで十分なので。(笑)満足なんですけれどもね。ひとつに絞るのは難しいんだけど、まぁ、絞んなくてもいいですよね(笑)。私、毎日テストプレー及びデバッグをやっているんですけど、戦闘が楽しくて。前作から基本的にはシステムを受け継いでるんですけど、かなり面白くなってます。主人公以外のキャラクターの動きがすごい活発で、本当に仲間と一緒に戦っているという、感覚が味わえるようになってて。本来でしたら何度も何度もテストプレー重ねるのはつらい作業なんですけど、それでも飽きない。いい感じのシステムに仕上がっているんでそれを楽しんで欲しいんですけど。買って下さった方、みんな楽しんで下さると思うんで、あえて私がいうほどのことも無いと思うんですけど。(笑)ストーリー的には、キャラクターそれぞれの魅力を堪能して頂きたい。人間関係とか、カッコつけた言い方をしますと一人一人の運命を感じてプレイして頂きたいなと。先生の方は?
[い]えっと、豊田さんが言ったとおり(笑)。
[豊]ずるいよ。
[い]……やっぱり? 見どころといってもやっぱりゲームで楽しく遊べるんでしたらねぇ、そこが一番だと思いますんで。
[豊]先生の場合はパッケージとポスターですかね。もしかしたら発売後に、ポスターができるかも(笑)。
[い]それはまずいでしょう。でも、ぜひお店に貼って欲しい……。
[豊]印刷屋さんに泣いていただいて。よろしくお願いしますね。ポスターの有る無しで一○○万本ぐらい違いますから。
[い]またぁ(笑)。
[豊]ぜひ店頭で盗まれて記事になるようなやつを。
[い]盗みにくいじゃないですか。
[豊]ちゃんと盗むの禁止って書いておきますから。今日はお疲れさまでした。